リッキーの “春夏秋冬ほのぼのトーク”

アクセスカウンタ

zoom RSS 野の花VS花壇の花 咲き比べ

<<   作成日時 : 2006/05/26 18:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

この写真の左側は、荒川の河川敷のゴルフ場に行った時、広大な土手を草刈機で刈り取ったところに、たったの一輪だけ可憐に咲いていた花です。

 他の草は、なぎ倒される様に刈り取られているのに、なぜこの一輪だけが残っていたのでしょうか? もしかしたら草刈のオジさんが、あまりの可愛さにこの一輪だけを残してくれたのでは・・・?な〜んて、ちょっぴり感傷的な気分になって撮りました。
 後で花の素性について図鑑で調べましたが、名前をはじめ全くわからず気になっていました。
 その後一週間ほどして、近くの公園を歩いていたら、花壇の中に写真右側の花がいっぱい咲いているではありませんか。良く似ていると思いませんか ・・・でも、左は小さく素朴で可憐。右は大きくふっくら。違う花なのでしょうか? 
 私の推理。たぶん、左も右も同じ種類の花ながら、左は野生と言う厳しい環境に耐えぬいてスリムに。右は栄養豊富で過保護に育てられたため豊満に。
 もっとも、スリムも豊満も素材が良いと「綺麗」であることには違いはありませんけどね・・・・。

 数年後、埼玉県の森林公園に行ったとき、この花の名前がわかりました。
その名は 「ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)」 だって。

訂正’06-8-30
  左の花の名前について、山野草の専門家から花の名前が違うのではないかとのご指摘をいただきました。正しくは「アカバナユウゲショウ 赤花夕化粧」。ご指摘有難うございました。
 左右の花がもともと違う花ということになると、この話は成り立ちません。ごめんなさいm(__)m



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野の花VS花壇の花 咲き比べ リッキーの “春夏秋冬ほのぼのトーク”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる